• トップページ
    HOME
  • フーーー
    Huuuuとは
    ABOUT
  • 実績一覧
    WORKS
  • 事業一覧
    SERVICE
  • お問い合わせ
    CONTACT

記事制作

NEWS
2022.06.20

「イヤな思いをする人がひとりでもいたらヤダ!」りんご音楽祭から学ぶ祭りの本質

歓送迎会や冠婚葬祭、誕生日パーティーにホームパーティー…。私たちの日常にあるパーティーやイベントごと。それらを開催する上で大切なことってなんでしょうか。お客さんをたくさん呼ぶこと? 関わった人たちの満足度が高いこと? 考えなきゃいけないことは無限にある…。そこで「オーガナイズをする上で大切なことってなんですか!」と、毎年1万人以上のお客さんを集める「りんご音楽祭」の主宰者・sleeperさんに伺いました。

2022.06.10

「共生に必要なのは隣人への想像力」県外出身、30歳の記者が見た長野と外国人

長野に住む外国人が置かれた苦境を伝える信濃毎日新聞のキャンペーン報道「五色のメビウス」。竹端集記者は、2020年8月、小諸市内の畑で豪雨のなか収穫作業を強いられた外国人労働者2人が雷に撃たれて命を落とした事故の事後取材を担当しました。隣人である外国人と、言葉や文化の違いを超えてどう共生していくかは大切な問題。自身も神奈川県出身の「よそ者」でありながら長野の地元紙の記者を務める竹端記者に、お話を伺いました。

2022.06.09

だるまとパスタだけじゃない! 地元民がデカい愛でオススメする高崎の観光スポット10選

群馬県で最も人口が多い「高崎市」。だるまやパスタが有名だけど、それだけじゃないんです……!群馬で生まれ育ったライターの市根井さんが、地元民に愛される高崎グルメや居酒屋、高崎の文化を担う映画館にライブハウス、温泉地まで、全10カ所のおすすめスポットを紹介します。

2022.06.06

アメ横近くに自社ビル4棟! 商品総数10万点! 御徒町のシンボル「多慶屋」の地域密着力

東京・台東区の御徒町に4棟の店舗を構える「多慶屋」は、1947年創業の、いわゆるディスカウントストア。総数10万点の脅威の品揃えのほか、近隣店の利用が割引になるメンバーズカードなど、地域の方はもちろん、遠方からのお客さんも街を楽しめる工夫が。4代目の竹谷宗二さんに、多慶屋の歴史と当時から変わらぬ姿勢について聞きました。

2022.05.30

「見えない無駄」を無くす、小さなセンサー。企業のSDGsを支えるセイコーの技術

時計メーカーのセイコーが長年培ってきた技術を用いて開発した小さなセンサーが、オフィスや商業施設、工場などで日々「見えない無駄」を無くすのに役立っているそう。でも、「見えない無駄」ってなに? 時計とセンサーがどう関係しているの? 気になるセンサーについて、セイコーに取材してきました!

2022.05.30

生きることを肯定できる地元で、自分のことはどうでもよくなった

長野県飯山市、聞いたことありますか? そこは日本有数の豪雪地帯。過酷な豪雪地帯に30歳の青年が「ずっと住み続ける」と決めた想いとは。『戦争と五人の女』『経営者の孤独。』の著者・土門蘭が、「生きることを肯定できる地元で、自分のことはどうでもよくなった」と語る『鶴と亀』小林直博さんの心の内に迫ります。

2022.05.27

人生は生まれたときからデスロード。「楽しんで死ぬ」ための古くて新しい健康論

東洋医学をベースに、宗教学や格闘技にも精通するカリスマ鍼灸師・若林理砂さん。若林さんは「誰でも最後は必ず死ぬ。重要なのは、その間をどう楽しく生きられるか」であると語ります。「健康とはなにか」を捉え直すことから、死、そしてより良い生について考えていきます。

2022.05.25

【長野市の宝】地元ハンバーグの新王者!? 45年続くローカルファミレス「ドンキホーテ」の秘密

長野市で40年以上愛されてきた、知る人ぞ知るレアハンバーグの名店『ドンキホーテ』。つなぎを使用せず、肉感たっぷりで、なおかつ柔らかくてジューシーなレアハンバーグには、小さな子どもからご高齢の方まで幅広いファンがいるのだそう。美味しさの秘密と、東京に誘われても「長野だけで店を続ける」と決めた店主の物語を伺いました。

2022.05.19

最北端の島と僕の邂逅【北海道・利尻町】

「ここでは何気なく過ぎていく日々の中に、必ず自然との接点がある」。国内最北の国立公園である北海道・利尻島で、SUPのツアーガイドとして活動する杉本貴亮さん。この島がもつ「何か」に引き寄せられて始まった人生初の島暮らしと、大自然に囲まれた利尻の魅力について語ってくれました。

2022.05.19

「骨を拾い続けている感覚」熱狂のカリスマ亡き後、『森、道、市場』はなぜ開催するのか?

毎年5月、愛知県蒲郡市のラグーナテンボスで開催されるイベント「森、道、市場」。過去に三度、ジモコロでは主催者の岩瀬貴己さんへのインタビューを行ってきました。しかし昨年、岩瀬さんが急逝。継続を決めた今年の「森、道、市場」について、運営の山田高広さんに話を聞きました。

2022.05.18

世界中で「虫」が減って、食糧不足に!? 養蜂家に聞く、人と自然のこれから

今、世界中でミツバチが減少しています。長野県信濃町を拠点に天然・無農薬のハチミツをつくる、スノーボーダーで養蜂家の美谷島豪さん。ミツバチと丹念に向き合い、自然に敬意を表す美谷島さんのお話には、自然とのより良い関係を知るためのヒントがあふれていました。

2022.05.12

2ヶ月で7年分の売上? 経済効果は1137億円? 「善光寺御開帳」のウワサを老舗企業に確かめてみた !

2022年春、長野市の善光寺で7年に1度のイベント「善光寺御開帳」がはじまりました。善光寺の参道に続く仲見世通りを参拝客が埋め尽くすこのイベント、善光寺の周りのお店は「御開帳で7年分儲ける」なんて噂も。善光寺門前エリアの老舗、「根元 八幡屋礒五郎」の9代目・室賀栄助さんに、御開帳と街の変化についてお話を伺いました。

2022.05.11

【すするか、すすらんか。】大学生がノリではじめたラーメン店が、若者の選択肢を増やす

近畿大学に通う大学生が、奈良ではじめたラーメン店「すするか、すすらんか。」。看板メニューでもある麻婆豆腐ラーメンのインパクトもさることながら、地元の老舗起業・中川政七商店や近畿大学もサポートしているなど、気になる点がたくさん。店長の西 奈槻さんと、中川政七商店の井上公平さんに取材しました。

©Huuuu inc.