• トップページ
    HOME
  • フーーー
    Huuuuとは
    ABOUT
  • 実績一覧
    WORKS
  • 事業一覧
    SERVICE
  • お問い合わせ
    CONTACT
新着実績
WORKS
2022.06.16

培養肉、昆虫食、3Dフードプリンター……50年後の食卓はどうなる?「おいしい」が選べる食の未来について考えよう

培養肉、植物肉、昆虫食、完全栄養食......。いま「フードテック」の名のもとに、新たな食のあり方が模索され、すでに私たちの暮らしの中に入り込みつつあります。「50年後の食卓ってどうなっているんですか?」国内のフードテック研究の第一人者、分子調理学者の石川伸一さんに素朴な疑問を投げかけてみました。

2022.06.14

児童向けギャグ漫画の金字塔『でんぢゃらすじーさん』ではなぜ人が死にまくるのか

小学生向け漫画雑誌『月刊コロコロコミック』などで20年以上にわたって連載が続く、超人気ギャグ漫画シリーズ『でんぢゃらすじーさん』。作品のなかでは、じーさんがとにかく死にます。なぜ『でんぢゃらすじーさん』ではここまで人が死ぬまくるのか? そして、なぜいつの時代も子供に受け入れられてきたのか? 作者の曽山一寿さんに取材しました。

2022.06.10

「共生に必要なのは隣人への想像力」県外出身、30歳の記者が見た長野と外国人

長野に住む外国人が置かれた苦境を伝える信濃毎日新聞のキャンペーン報道「五色のメビウス」。竹端集記者は、2020年8月、小諸市内の畑で豪雨のなか収穫作業を強いられた外国人労働者2人が雷に撃たれて命を落とした事故の事後取材を担当しました。隣人である外国人と、言葉や文化の違いを超えてどう共生していくかは大切な問題。自身も神奈川県出身の「よそ者」でありながら長野の地元紙の記者を務める竹端記者に、お話を伺いました。

2022.06.09

だるまとパスタだけじゃない! 地元民がデカい愛でオススメする高崎の観光スポット10選

群馬県で最も人口が多い「高崎市」。だるまやパスタが有名だけど、それだけじゃないんです……!群馬で生まれ育ったライターの市根井さんが、地元民に愛される高崎グルメや居酒屋、高崎の文化を担う映画館にライブハウス、温泉地まで、全10カ所のおすすめスポットを紹介します。

2022.06.06

アメ横近くに自社ビル4棟! 商品総数10万点! 御徒町のシンボル「多慶屋」の地域密着力

東京・台東区の御徒町に4棟の店舗を構える「多慶屋」は、1947年創業の、いわゆるディスカウントストア。総数10万点の脅威の品揃えのほか、近隣店の利用が割引になるメンバーズカードなど、地域の方はもちろん、遠方からのお客さんも街を楽しめる工夫が。4代目の竹谷宗二さんに、多慶屋の歴史と当時から変わらぬ姿勢について聞きました。

2022.05.31

死後も息づくC.W.ニコルの思い。日本人を育んできた森を未来へ

2020年に亡くなるまでの約40年にわたって日本の森林保全活動をリードしてきた、ウェールズ生まれの日本人・C.W.ニコルさん。その活動は、2002年に設立された「C.W.ニコル・アファンの森財団」のスタッフたちが引き継いでいます。ニコルさんを失ったアファンの森財団はいま、どんな困難を抱え、この先の活動をどう見据えているのか。マネージャーとして36年間ニコルさんと連れ添った財団理事長・森田いづみさんに取材しました。

2022.05.31

あなたが日本語のわからない子だったら? 本当の意味で”多様”な人々が共生する社会のために

現在、日本には海外にルーツを持つ子どもが12万人以上いると言われています。日本語がわからず、授業についていくことも友人をつくることも困難。にもかかわらず、自治体や学校によってはまだまだ支援体制が整っておらず、そのまま未就学となってしまう子どもたちも。海外ルーツを持つ子どもたちの問題に10年以上向き合い続けてきた『YSCグローバル・スクール』事業責任者の田中宝紀さんに、子どもたちを取り巻く現状や、これからのあるべき社会についてお話を伺いました。

2022.05.30

「見えない無駄」を無くす、小さなセンサー。企業のSDGsを支えるセイコーの技術

時計メーカーのセイコーが長年培ってきた技術を用いて開発した小さなセンサーが、オフィスや商業施設、工場などで日々「見えない無駄」を無くすのに役立っているそう。でも、「見えない無駄」ってなに? 時計とセンサーがどう関係しているの? 気になるセンサーについて、セイコーに取材してきました!

2022.05.30

生きることを肯定できる地元で、自分のことはどうでもよくなった

長野県飯山市、聞いたことありますか? そこは日本有数の豪雪地帯。過酷な豪雪地帯に30歳の青年が「ずっと住み続ける」と決めた想いとは。『戦争と五人の女』『経営者の孤独。』の著者・土門蘭が、「生きることを肯定できる地元で、自分のことはどうでもよくなった」と語る『鶴と亀』小林直博さんの心の内に迫ります。

2022.05.27

人生は生まれたときからデスロード。「楽しんで死ぬ」ための古くて新しい健康論

東洋医学をベースに、宗教学や格闘技にも精通するカリスマ鍼灸師・若林理砂さん。若林さんは「誰でも最後は必ず死ぬ。重要なのは、その間をどう楽しく生きられるか」であると語ります。「健康とはなにか」を捉え直すことから、死、そしてより良い生について考えていきます。

2022.05.26

国内最大級の産廃事件。傷ついた”ごみの島”にアートがもたらした変化と、変わらぬ価値

瀬戸内海に浮かぶ人口約760人ほどの小さな島「豊島」には、かつて産業廃棄物の大量投棄によって「ごみの島」と呼ばれた歴史が。2010年に豊島で瀬戸内国際芸術祭が始まった背景には、そのような「陸地で多くの価値を生み出すために、海が忘れ去られる」状況への危機感がありました。今年で5回目を迎えた瀬戸内芸術祭は、島にどのような変化を生んだのか? 島の方々にお話を伺ってきました。

2022.05.25

【長野市の宝】地元ハンバーグの新王者!? 45年続くローカルファミレス「ドンキホーテ」の秘密

長野市で40年以上愛されてきた、知る人ぞ知るレアハンバーグの名店『ドンキホーテ』。つなぎを使用せず、肉感たっぷりで、なおかつ柔らかくてジューシーなレアハンバーグには、小さな子どもからご高齢の方まで幅広いファンがいるのだそう。美味しさの秘密と、東京に誘われても「長野だけで店を続ける」と決めた店主の物語を伺いました。

2022.05.19

最北端の島と僕の邂逅【北海道・利尻町】

「ここでは何気なく過ぎていく日々の中に、必ず自然との接点がある」。国内最北の国立公園である北海道・利尻島で、SUPのツアーガイドとして活動する杉本貴亮さん。この島がもつ「何か」に引き寄せられて始まった人生初の島暮らしと、大自然に囲まれた利尻の魅力について語ってくれました。

©Huuuu inc.