• トップページ
    HOME
  • フーーー
    Huuuuとは
    ABOUT
  • 実績一覧
    WORKS
  • 事業一覧
    SERVICE
  • お問い合わせ
    CONTACT
新着実績
WORKS
2021.08.20

移住せずに田舎に溶け込む。新しい形で地域と繋がる若者に実体験を聞いてみた!

長野県を舞台に、移住以外の地域との関わり方を提案し、関係人口の増加を目指すプログラム「信州つなぐラボ」。今年で4年目となるこのプログラムですが、参加者はどんな思いで参加して、どんな変化があったのでしょうか? 2年前に「信州つなぐラボ」に参加した方と、受け入れを担当した役場職員の方に、座談会形式でお話をお聞きしました。

2021.08.19

地域には“じゃない人”が必要? 鯖江で知った「余白」の大切さ

メガネや漆器、和紙など、ものづくり産業がさかんな福井県の鯖江市周辺。地元で工房見学イベント『RENEW』を立ち上げた、デザイン事務所「TSUGI」の新山直広さんと「谷口眼鏡」の谷口康彦さん、そして森一貴さんに取材すると、ローカルに必要な「じゃない人」の価値が見えてきました。

2021.08.18

ミドリムシで飛行機が飛ぶ?! 日本のバイオベンチャーが目指す「サステナブルが普通である社会」

2021年6月、株式会社ユーグレナはミドリムシと使用済み食用油からなるバイオ燃料を用いた飛行機のフライトに成功しました。「日本をバイオ燃料先進国にする」を掲げて、様々な課題に取り組むユーグレナ社。広報担当・北見裕介さんに、サステナブルな社会の実現に向けて、バイオ燃料が持つ可能性と課題を伺ってきました。

2021.08.17

高知から南国を東に抜けて|街と音楽

「これから書いていくことが、いまのこの街と関係があるものになるのかはわからない」。音楽家・美術家・DJとして活動する小松千倫さんが、地元である高知県南国市から、高校を卒業する18歳まで通っていた隣町・高知市での思い出を綴ってくれました。

2021.08.16

目指すは「教科書」で「若者の補助輪」。ウェブメディアの未来を本気で考えてみた

ジモコロ6周年を記念し、オンライントークイベントを開催! メディア担当者の面白さと難しさ、「人の人生を変えてしまう」覚悟や次の世代への思いなど……「7年目のジモコロ」について、編集チーム「Huuuu」とクライアントが一緒に語り合った内容をお届けします。

2021.08.12

ワインと桃だけじゃない! 山梨・甲府の地元編集者が全力でオススメする観光スポット10選+1

山梨県の県庁所在地「甲府市」。盆地でワインや桃、ぶどうが有名……だけど、それだけじゃないんです! フリーマガジン『BEEK』を地元で発刊する編集者・土屋誠さんが、喫茶店や居酒屋、ゲストハウスに温泉、お土産まで、全11カ所の観光おすすめスポットを紹介します。

2021.08.10

庭木を辿って、平塚|街と音楽

「平塚を離れて初めて、平塚をほんの少しだけ知ることができる」。海も山も川もあって、平和な時間が流れる街、神奈川県平塚市。ビートメイカー・プロデューサーの荒井優作さんが、中学時代に引っ越してから約8年間を過ごした平塚での思い出を振り返ります。

2021.08.06

メニューはたった1つ。人気店「挽肉と米」に学ぶ“超できたて”体験

東京・吉祥寺と渋谷に店舗を構える『挽肉と米』のメニュー構成は、焼きたてのハンバーグと炊きたてのご飯からなる定食1種類のみ。一見シンプルに見えるお店の至るところに、「お客さんに提供したい体験」を意識した綿密なこだわりが。全3回にわたって、連日行列ができる人気店となった秘訣をお届けします。

2021.07.30

音楽家たちの台所|RECIPE.4 Negiccoの味噌汁

8人組ソウルバンド「思い出野郎Aチーム」の増田薫さんによるグルメ漫画「音楽家たちの台所」、第4回目のゲストは新潟のアイドルグループ「Negicco」。地元愛あふれるメンバーのみなさんから教わったレシピで、3種類の「味噌汁」を増田さんが再現していきます。

2021.07.29

熊本城だけじゃない! 地元の編集者が本気で愛する熊本市のオススメスポット10選

熊本のシンボルである「熊本城」。眼下には県内で一番の繁華街が広がり、立ち寄りスポットは数え切れないほどありますが、本当に行って欲しいスポットはなかなか見つけてもらえないというのが本音。今回は熊本市在住の編集者・大塚淑子が愛する熊本市のスポットをご紹介します。

2021.07.28

ウナギの旬は夏じゃない? 7割は違法? 今こそ知っておきたいウナギのこと

夏の風物詩であるウナギを食べる前に、まずウナギについて知ることからはじめてみるのもいいかもしれません。このままだと流通量が20%以下に?そもそも食べられているウナギの半分以上は違法!? 美味しくて大好きだけど、実はよく知らないウナギの話を4つの視点からお伝えします。

©Huuuu inc.