• トップページ
    HOME
  • フーーー
    Huuuuとは
    ABOUT
  • 記事一覧
    WORKS
  • 事業一覧
    SERVICE
  • メンバー
    MEMBER
  • お問い合わせ
    CONTACT
新着記事
NEWS
2018.09.21

経営者の孤独/互助交通・中澤睦雄「だってしょうがない。ほかにハンドルを握る人がいないのだから」

東京・錦糸町にある創業65年のタクシー会社「互助交通」。その3代目である中澤睦雄さんが語る、タクシー会社を経営するということ、そして「替わりがいない」孤独について。小説家・土門蘭による、孤独についてのルポルタージュ第3回。

2018.09.19

お茶博士の娘が営む「農家民宿」で、お茶づくしのフルコースを食べてみた

京都の和束町で、若干29歳のお茶農家さんが営む農家民宿「えぬとえぬ」。なんとここでは20種類の畑で24種類のお茶を生産するとのこと。そんな茶畑でのお茶摘み体験やお茶づくしのフルコース料理まで体験してきました。

2018.09.14

落とせないシミはない! クリーニングに魅せられた古着屋の挑戦

水洗いクリーニングを施した古着を販売する古着屋「一歩」。クリーニング作業所併設の実店舗もオープンする一歩の坂本夏歩さんが語る、「古着×クリーニング」の可能性とは?

2018.09.05

すべての人の「これが履きたい」を叶える。知られざる整形靴の世界

足に不便を持つ人のため、オーダーメイドでつくられる「整形靴」。その職人である7th seedの新井宏明さんに、履く人の「好き」を大切にした靴づくりへの想いについて聞いた。

2018.09.04

『服は捨てずに想いを詰める』商店街のインスタグラマーに聞いたファッション哲学

愛媛・今治の商店街「いまばり銀座」から、インスタグラムで日々のおしゃれを発信するミチコさん。「オシャレは自分のために、自分が好きな服を着ること」だというミチコさんの哲学を伺いました。

2018.08.31

『不登校新聞』編集長に聞く。挫折から始まる「私」の人生について

1998年に創刊した『不登校新聞』では、不登校や引きこもりの経験者たちが「子ども若者編集部」として記者を務める。込められた想いについて、石井志昂編集長に聞いた。

2018.08.31

「歌って踊れる」先生は「語って伝える」先生に。東日本大地震から7年目の授業

宮城県・女川第一中学校の国語教師を勤めていた際に東日本大震災を経験した佐藤敏郎先生。震災をきっかけに感じた子どもたちの強さ、そして「当たり前の大切さ」について聞きました。

2018.08.28

まちづくりの王様!ポートランドはなぜスゴいのか調べてみた

先進的なまちづくりを進める都市として、世界中から注目を集める町、ポートランド。その魅力を探るべく、編集長・柿次郎が現地へ突撃! ポートランドの現状とこれからについてのお話を伺ってきました。

2018.08.28

おもしろに正直であれ。academistが守る 「ユニークな研究」

日本で初めての研究費獲得に特化したクラウドファンディング・プラットフォーム「academist(アカデミスト)」。その活動の源には、研究者たちの「おもしろい」があった。

2018.08.21

経営者の孤独/クラシコム・青木耕平「正気でいながら狂うこと。 信用せずに信頼すること」

北欧、暮らしの道具店』を運営するクラシコムの代表・青木耕平さん。「寂しいと感じたことがない」という青木さんにとっての孤独とは?  経営者の孤独を探る連載・第二回目です。

2018.08.21

個性を才能に。「発達障がい」の第一人者に聞く、理想の社会

発達障がいにはどんな特性や原因があるのでしょうか。 そもそも、それはホントに「障がい」なのでしょうか? 発達障がいの第一人者・宮尾益知(みやお・ますとも)先生に「発達障がいのホントのところ」を伺いました。

2018.08.21

観光しながら被災地支援!手ぬぐい片手に西日本のゲストハウス巡りへ出かけよう

2018年7月の豪雨で被害を受けた地域を応援すべく、西日本のゲストハウスを繋ぐチャリティ企画が始動! 「手ぬぐいを持って被災地のゲストハウスを巡る」プロジェクトはいかにして生まれたのか?

2018.08.21

平成最後の夏、僕たちはUFOを見た

2018年7月某日、長野県の戸隠。あのとき僕たちが見たのは、たしかにUFOだったーー。日下慶太さんとともに訪れた、「UFOの夏」についてのお話。

2018.08.21

猫の殺処分と町の過疎化を解決へ!「港の猫とおばあちゃんプロジェクト」が生まれるまで

捨てる魚を買い取り、町のおばあちゃんを雇用して猫のおやつを作る……という関わる誰もが幸せになるプロジェクト誕生の背景には、愛猫の病気に悩み試行錯誤した、ひとりの飼い主のドラマがありました。

©Huuuu inc.